新規会員登録

会員登録ページへ

  • メディア実績
  • 買取実績
  • 宅配買取
  • スタッフ紹介

営業日カレンダー

2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

きもの

全2056件

きものとは

「着物」と聞きますと、皆さんどんなイメージをお持ちになるでしょうか。
高級品、敷居が高い、ルールが良くわからない、そもそも興味がないとおっしゃる方もみえるかもしれません。
しかし、四季折々の美しい自然や「侘び寂び」や「粋・雅やか」などの日本人ならではの感性が詰め込まれた「着物」。日本の美しい伝統文化である「和服」に、憧れの気持ちや日本人としての誇りのような感情もお持ちなのではないでしょうか。

現代でも、七五三ではお子様にお着物や袴を着せたり、成人式には振袖をお召しになったり、また入卒式ではお母様方がお着物をきて出席されたり、と着物姿を目にする機会がございます。また、気軽なところでは夏祭りに浴衣を着たりと、私達の生活の中に息づいています。

着物の種類や着用シーンが分からないという方に、簡単にご説明させていただきますね。

◆黒留袖・色留袖
 留袖は、お着物の中で一番格の高い、第一礼装です。
 黒留袖は黒地に染め抜き五つ紋が付けられた絵羽のお着物で、結婚式に列席する母親、親戚、仲人さんが着用する装いです。
 喜びを重ねるという意味で、比翼という白い布が付けられています。昔は白羽二重の着物を重ねましたが、現代では簡略化されています。
 色留袖は、黒留袖が黒地ではなく色地のお着物となります。

◆振袖
 こちらは皆さんよくご存知ですね。成人式や結婚式で着ることが多い、未婚の女性がが着る礼装用の袖丈が長いお着物です。

◆訪問着・付下げ
 訪問着は、肩・胸・袖・裾に絵羽に模様が入ったお着物です。
 未婚・既婚問わずお召いただけます。結婚披露宴やパーティー等に。

◆色無地
 紋意匠や紋綸子に、黒以外の一色で染めたお着物を色無地といいます。
 合わせる帯や、紋を入れる入れないによって、幅広いシーンにご着用いただけるお着物です。

◆小紋
 様々な文様を一方付けで型染めしたお着物です。普段着に属しますが、柄行によって華やかななシーンにもお召いただけます。
◆紬
 俗に言う織りのお着物です。糸を先に染めて織り上げます。普段着としてお召いただきます。結城紬・大島紬・牛首紬など、耳にしたことがあるのではないでしょうか。

簡単にご説明させていただきましたが、ピンと来ない方も多いかと思います。
  私共「きもの屋小町」は、着物初心者さんにも、着物が大好きで毎日のようにお召いただいている方にも、幅広い方にもっと着物を知って、もっと気軽にお楽しみいただけますよう、スタッフ一同精一杯のお手伝いをさせていただきたいと思っております。
少しでも興味を持たれた方は、まずはリサイクル着物からお試しいただいてはいかがでしょうか。まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ。