新規会員登録

会員登録ページへ

  • メディア実績
  • 買取実績
  • 宅配買取
  • スタッフ紹介

営業日カレンダー

2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
 

アンティーク

全38件

アンティークとは

アンティークとはフランス語で[古い]とか[骨董品]の意味で、家具などは100年以上経過したものとも言われていますが、きもので[アンティーク着物]と言われているのは昭和初期以前(第二次世界大戦以前)につくられたきもののこととされています。さらに[ビンテージ着物]のなどの言い回しもされていたりします。実のところ厳密に定義されているわけではないようです。それどころか、今はアンティークパンとかアンティーク菓子とか、とことんこだわった物にも『アンティーク』の言葉が使われていたりしていますので、アンティーク着物も自分なりにとことんこだわった着方をするのも、良いのではないでしょうか?
福島県にある日本きもの文化美術館ではきものだけでなく、かんざし・櫛などの装飾品も多数展示されておりアンティーク着物好きなら一度は訪れてみたいものですね。

アンティーク着物の特徴  近年、テレビドラマなどで大正ロマン・昭和モダンと呼ばれ人気が出てきたアンティーク着物ですが、特徴としては現代には見られない大胆な柄行きや色使いなどではないでしょうか。
女性の地位が向上し西欧の先進文化を次々と取り入れ、思想的にも自由・開放など躍動的で、とても華ぎのある活気に満ちた時代でした。そういう背景のもと着物も明るく活気のあるものが流行の走りであり、色使いも赤色×水色や紫色×黄色など今の時代では印象が強すぎると思われるような組み合わせや大きな真っ赤な牡丹や黄色やオレンジの大菊の花など目の覚めるような柄行きもアンティーク着物ならではの特徴です。
また胴裏(裏地)も紅絹(もみ)という素材が使われており朱赤の鮮やかな色のものが多く見られ、戦前の着物には胴裏に木綿を使用しているものもあります。

アンティーク着物の購入前のポイント
アンティーク着物なので月日を経ているのは当然のこと。だからこそ一品一品に希少価値があり、もう二度と同じものに巡り合うことは難しいと思います。だからこそ購入の際にはいろいろと気を付けていただきたい点があります。

 ・着物サイズの確認

昭和10年ごろの成人女性と現代の成人女性では8〜10cmの平均身長差があるので、身丈は小さめのもが多いです。袖丈は普段着の小紋でも礼装用は特に今のものより長くなっています。サイズ直しや仕立て直しができるかを確認しましょう。帯も短いものが多いですので柄のつき方を確認しましょう。

・生地の確認

シミやキズだけでなく弱地になっていないか?表地だけでなく裏地はどうかなど確認し難点がある場合は、それを納得の上で購入しましょう。
当店では、ご着用に耐えうるものを選び、ご提供しております。中には素材としてご案内しているものもございます。
 ・素材として
アンティーク着物の特徴を生かし、着用ではなく装飾品として今では制作することすら出来ない物として染色、織りなど後世に残していきた物も多くあります。
 それぞれの個性を豊かに活かしタイムスリップをしたように、時を超えた旅行ができる「アンティーク着物」をぜひ一度お楽しみ下さい。